死ぬことも生きることも知らずに女子大生が
腐食しかけた惨殺死体で見つかった日に
友は逝った
真夏日続きのクソ暑い日に
友は逝った
メニエール病が慢性化したタヌキがもはや化ける気力さえ失ってしまった時代に
友は逝った
ひょっとしたら核弾頭が装着されたミサイルが北から飛んでくるかもしれない空白に日に
友は逝った

ヒトの手で服を着メシを食いかかえられて風呂につかりヒトの足で便所に通いシリを拭き愛を交わしていた
友が逝った
口で淡淡とパソコンを操りドレイにしていた
友が逝った
誰よりも早くニュートリノの微かな質量を感じていたにちがいない友が逝った
もはや帰ってこなくなった伝書鳩の飛行ルートをずっと眺めていた
友は逝った
鳥になった恐竜の滅びを見つめながら
友は逝った

(宇150906)

カミオ

「ニュートリノ」は、物質を構成する素粒子の一つ。質量はゼロと考えられてきましたが、神岡鉱山内にある実験施設スーパーカミオカンデ=写真、東大=で、1998年、質量がある証拠が見いだされました。